【アラジントースターで焼き芋】温度は何度?ネットリ蜜芋のレシピを紹介!!

当ページのリンクには広告が含まれています。
アラジントースターで焼きいも
  • アラジントースターで焼き芋を美味しく焼けるのか知りたい!
  • アラジントースターで美味しい焼き芋を焼く方法を知りたい!!

あなたのこんな悩みにこたえます。

本記事の内容
  • アラジントースターで焼き芋を焼く時の温度
  • アラジントースターで焼き芋を焼く時間
  • グリルパンなしでも焼き芋は焼ける?
  • アラジントースターで焼き芋にしたいおすすめのサツマイモ
  • 美味しいサツマイモを手軽に買う方法
  • アラジントースターで焼き芋を焼いた感想
  • アラジントースターで焼き芋の温めなおしは美味しい?
  • アラジントースターで焼き芋を焼いた口コミ
モリモリ

2023年3月にアラジントースターのフラッグシップを買って毎日使っています。
今回は、焼き芋を美味しく焼く方法を検証してみました。

この記事では「アラジントースターを使ったネットリ蜜焼き芋」の焼き方を紹介します。

焼き芋は、温度と時間を間違えると、パサパサになったりして美味しく焼けないですよね。

モリモリ

せっかく時間をかけて焼いたのにガッカリな結果なんてことも…。

そこで、この記事を読めば、誰でも簡単にアラジントースターで超絶美味しい焼き芋を作れるようになります。

本記事の結論
  • 温度は240℃
  • 焼き時間は15分加熱、15分放置を2回の合計60分
  • グリルパンがあった方が美味しく焼けます
  • おすすめのさつまいもは、紅はるか
  • サツマイモを手軽に買うなら食べチョクコンシェルジュがおすすめ
  • アラジントースターで焼き芋を焼いた感想は、簡単なのに蜜が出て超おいしい
  • 温めなおしはアラジンは電子レンジより甘味が強い
  • 口コミは、アラジンの焼き芋は、甘くて美味しいという意見が多数

それでは、ぜひ最後まで読んでいってください。

イチオシ!!

kikito(キキト)は、日本最大手の電気通信事業者のNTT・ドコモが運営する家電のレンタル・サブスクサービス。

ドコモだからこその、安心のサポート体制が整っているので安心してレンタルできます。

全国往復送料無料、あなたの過失による破損は原則修理費用負担なし。

新型フラグシップモデルAET-GP14Bの新品が月額1,900円で使えます。

気に入ったら、そのままもらうことも可能。

kikito(キキト)が気になった方は、いますぐ詳細を確認してみてください。

送料無料 、初月無料キャンペーン中!!

商品購入前にまずはレンタルでお試し

 

目次

アラジントースターで焼き芋を焼くときの温度は何度が最適?

温度設定
温度設定

アラジントースターで焼き芋を焼く時のおすすめの温度は240℃です。

今回アラジントースターで焼き芋を焼いてみて、味と時間とのバランスを考えて、240℃が最適な温度だとわかりました。

240℃に設定し、グリルパンで焼き芋を焼くと、グリルパンの中は270~290℃になり、しっかりとサツマイモの中まで火を通せます。

240℃に設定し、加熱と余熱を使うことで、ねっとり蜜がたっぷりの焼き芋を作れます。

240℃より低い温度だと、太いサツマイモだと火が通りにくかったり、時間がかかりすぎてしまうんです。

240℃に設定し、グリルパンを使って焼くのがベスト。

モリモリ

4枚焼きとフラッグシップにはグリルパンが付属していますが、2枚焼きにはグリルパンが付属していません。

そこで2枚焼きの購入を考えていたり、すでに2枚焼きをもっている方には、こちらのグリルパンがおすすめ。

2枚焼きの庫内にピッタリのサイズで値段もお手頃。

このグリルパンがあれば、2枚焼きでも4枚焼きやフラッグシップと同じ料理を作れます。

アラジントースターで焼き芋を焼くときの時間は何分?

時間設定
時間設定

アラジントースターで焼き芋を焼く時の時間は、15分加熱、15分放置を2回繰り返します。

美味しい焼き芋を焼くコツは、温度を上げ過ぎずにじっくり焼くこと。

そのため、この15分加熱した後、余熱で15分じっくり焼く工程を2回繰り返すことで美味しい焼き芋が出来上がります。

中には90分焼いたり、余熱を2時間加える方法もありますが、自宅で焼き芋を作るなら、そんなに時間をかけてはいられません。

自宅で美味しい焼き芋を手軽に作るという観点から考えると、この15分加熱、15分放置を2回繰り返す焼き方は、長すぎないのでバランスが良いんです。

15分加熱、15分放置、これを2回繰り返し、1時間かけて焼きましょう。

アラジントースターを使った焼き芋のレシピを紹介

焼き芋のレシピを紹介

アラジントースターを使った焼き芋レシピですが、アラジン公式レシピを推奨します。

その理由は、多少太かったり、本数に関わらず、ほぼ同じクオリティに仕上がるからです。

モリモリ

蜜も十分出るし、簡単に美味しい焼き芋を作れますよ。

アラジン公式HPの焼き芋レシピ

アラジン公式HPに掲載されている焼き芋のレシピです。

さつまいもをアルミホイルに巻かずに熱を加えます。

手間が少ないのに、蜜が出る美味しい焼き芋を作れる感動レシピです。

レシピ概要

  • さつまいもを水できれいに洗う
  • グリルパンにアルミホイルを敷き、洗ったさつまいもを並べる
  • フタをして庫内へ
  • 240℃で15分加熱
  • 15分放置
  • 240℃で15分加熱
  • 15分放置

約1時間で完成です。

途中、さつまいもをひっくり返さなくても、美味しい焼ける簡単レシピ。

アラジントースターで焼き芋を焼いた感想へジャンプする

低温で長時間加熱する焼き芋レシピ

こちらは、蜜芋を作れるというレシピです。

低温で長時間熱を加えるので、完成までに時間がかかります。

手間がかかるんですが、上手く焼けないことも。

レシピ概要

  • まずは水でさつまいもをきれいに洗います。
  • 洗ったさつまいもをアルミホイルに乗せ、少量の水をアルミホイルの内側に入れます。
  • 隙間ができないようにアルミホイルを巻きます。
  • 蜜で汚れないよう、グリルパンを受け皿として使うか、下にアルミホイルを敷いて加熱。
  • 150℃で15分加熱したら、全体が焼けるように、さつまいもの角度を変えて15分放置。
  • これを繰り返し、60~90分じっくり焼きます。
  • さらに余熱を1~2時間。

これで完成ですが、私は上手く作れませんでした。

細めのさつまいもでも、上手く火が通らず、中が固いまま。

温度をもう少し高めにした方がいいかもしれません。

2段階調理メニューを使ったじっくり焼いも

2023年9月22日に発売された新型フラッグシップモデルAET-GP14B向けのメニュー。

新型フラッグシップに追加された2段階調理メニューを使った焼きいもレシピです。

レシピ概要

  • サツマイモをきれいに洗う
  • グリルパン(深)にすのこを乗せ、その上にアルミホイルを敷く。
  • 洗ったサツマイモをアルミホイルに置く
  • 2段階調理メニューにセット。
  • 1段階目を130℃で30分、2段階目を200℃で60分にセット。
  • グリルパン(浅)でフタをしたグリルパンを庫内に入れてスタート。

ほくほくした焼きいも専門店の味をおうちで再現できるレシピです。

アラジントースターを使って焼き芋を焼いてみた感想

アラジントースターで焼いた蜜焼き芋
アラジンで焼いた焼き芋

アラジントースターのフラッグシップを使って、実際に焼き芋を焼いてみました。

モリモリ

感想は、蜜がたっぷりで美味しいし、簡単。

それでは、アラジン公式レシピと低温で長時間加熱するレシピの両方で作った感想を紹介します。

アラジン公式レシピ

アラジン公式HPで掲載されている焼き芋のレシピ通りに焼いてみました。

レシピ概要
  1. さつまいもを水でキレイに洗う
  2. グリルパンにアルミホイルを敷き、さつまいもを並べる
  3. グリルパンのフタをして庫内へ
  4. 240℃で15分加熱した後、トースターの中で15分放置する
  5. 再び240℃で15分加熱し、トースターの中で15分放置する
茨城県産の葵はるか
茨城県産の葵はるか

今回使ったのは、スーパーで売っていた茨城県産の葵はるかというサツマイモ。

グリルパンに並べた葵はるか
水洗いした後、グリルパンに並べます

しっかり水で洗ったあと、アルミホイルを敷いたグリルパンに並べます。

グリルパンの焦げ付き防止、蜜が出たときの汚れ防止にもアルミホイルがあると便利です。

設定
グリルモード、240℃、15分に設定

グリルモードで240℃、15分に設定しました。

2枚焼き、4枚焼きも240℃、15分で同じように焼けます。

加熱開始
加熱開始

加熱開始です。

あとはアラジントースターを信じて、ほったらかしで待つだけなので、超ラクチン。

15分放置します
15分放置します

15分加熱した後は、15分放置です。

タイマーをセットして、ここから余熱でじっくり加熱します。

モリモリ

15分経ったときには、あま~い香りがたちこめていました。
期待に胸がふくらみます。

再び過熱
再び過熱

15分間、余熱でじっくり加熱したあとは、再び240℃で15分加熱です。

15分加熱加熱したあとは、もう一度15分放置して完成。

焼き上がり

焼き上がり

1時間じっくり焼きました。

一度もひっくり返さずに最後まで熱を加えた結果です。

蜜が出ています

裏返したら、蜜がたっぷり出ていました。

サツマイモが超やわらかくなっています。

グリルパンもこんなにキレイです

アルミホイルを敷いていたおかげで、汚れはほぼありません。

片付けがラクなのも嬉しいポイント。

実食
早く食べたくて仕方ありません

早く食べてみたくて、気持ちがはやります。

割ってみました
割ってみました

中まで柔らかく、甘くて熱々。

ねっとり蜜でいっぱいです。

さつまいもの甘さが最大限引き出されています。

トロトロになっていて、一口食べると濃厚な蜜の甘さが口いっぱいに広がり、幸せホルモンが出まくり。

皮も簡単に向けますが、皮ごと一気に食べました。

口や手がベタベタになるほどの蜜にお気をつけください。

低温で長時間加熱のレシピ

茨城県産の葵はるか
茨城県産の葵はるか

今回も茨城県産の葵はるかを使って、低温で長時間加熱ヴァージョンの焼き芋を試してみます。

レシピ概要
  1. さつまいもを水でキレイに洗う
  2. アルミホイルにさつまいもを置き、水を少量垂らす
  3. アルミホイルを隙間なく巻く
  4. 下にアルミホイルを敷いて庫内へ
  5. 150℃で15分加熱した後、トースターの中で15分放置する
  6. これを2回~3回、60~90分焼く
  7. トースターの中で1~2時間放置する
水でキレイに洗います
水でキレイに洗います

まずは、サツマイモを水でキレイに洗います。

水を少量垂らします
水を少量垂らします

アルミホイルに洗ったサツマイモを置き、水を少量垂らします。

アルミホイルで巻きます
アルミホイルで巻きます

アルミホイルに水を垂らしたら、アルミホイルでサツマイモを巻きましょう。

隙間ができないように密閉していきます。

アルミホイルを敷いて庫内へ
アルミホイルを敷いて庫内へ

アルミホイルを下に敷き、サツマイモを庫内へ入れます。

150℃で15分加熱
150℃で15分加熱

温度は150℃。

15分加熱して15分放置を繰り返します。

加熱開始から終了までの時間は60分から90分。

時間は、サツマイモの大きさで変わります。

加熱開始
加熱開始

15分焼いたら、サツマイモを回して少しずつ角度を変えます。

焼き上がりは、爪楊枝がスッと刺さる柔らかさになっているかで判断。

まだ固かったら、10分ずつ追加で焼いていきましょう。

焼き上がったら、余熱でじっくり火を通していきます。余熱は2時間が目安。

1時間余熱を加えた時点で、爪楊枝を刺してみました。

すると、中がまだ固かったので、150℃で15分追加加熱してみました。

250℃で15分加熱
240℃で15分加熱

その後もまだ固いので、結局240℃で15分加熱。

すると、やっと甘い香りが漂ってきました。

15分加熱した後は、15分放置し、さらに240℃で15分加熱、15分放置。

やっと焼き上がり
やっと焼き上がり

やっと焼き上がりですが、最初から240℃で焼いたときのような、ねっとり柔らかい感じがありません。

ホクホク感が強い焼き上がり
ホクホク感が強い焼き上がり

今回は、ホクホク感が強くなりました。

個人的には、アラジン公式レシピの方が好きですね。

150℃だと結局焼けませんでした。

2段階調理メニューを旧型フラッグシップで試してみた

茨城県産の紅天使
茨城県産の紅天使

新型フラッグシップAET-GP14Bに実装された2段階調理メニューを旧型フラッグシップで再現してみました。

今回は、茨城県産の紅天使を使って焼きいもを作ってみます。

洗ったサツマイモ
洗ったサツマイモ

まずは、サツマイモをきれいに水洗いしましょう。

洗い終わったら、グリルパンにすのこを敷き、その上にアルミホイル、アルミホイルの上にサツマイモを置きます。

1段階目の設定
1段階目の設定

高温グリルモードは140℃より低い設定ができないため、温めモードで130℃、30分に設定します。

加熱開始
加熱開始
2段階目の設定
2段階目の設定

30分経って第1段階の加熱が終わったら、扉を開けず、すぐに2段階目の設定をして加熱します。

2段階目は、高温グリルモードで200℃、60分加熱加熱です。

新型フラッグシップは、ここまでの1段階目、2段階目を自動で変更してくれるようになっています。

2段階目の加熱を始め、残り30分ほどになると、甘い香りが立ち込めてきました。

焼き上がり
焼き上がり

蜜がたっぷり出ています。

さっそく食べます
さっそく食べます
中の様子
中はこんな感じ

まずは、柔らかい。

ねっとり、トロトロで甘さが脳天を直撃する感じです。

モリモリ

自然な甘さなのに、奥深くて、幸せいっぱいになります。

240℃で60分加熱する方法よりも時間はかかりますが、甲乙つけがたい美味しさです。

ぜひ、両方の焼き方を試してみて、自分好みの焼き方を見つけてください。

焼いもライフが充実すること間違いありません。

イチオシ!!

kikito(キキト)は、日本最大手の電気通信事業者のNTT・ドコモが運営する家電のレンタル・サブスクサービス。

ドコモだからこその、安心のサポート体制が整っているので安心してレンタルできます。

全国往復送料無料、あなたの過失による破損は原則修理費用負担なし。

新型フラグシップモデルAET-GP14Bの新品が月額1,900円で使えます。

気に入ったら、そのままもらうことも可能。

kikito(キキト)が気になった方は、いますぐ詳細を確認してみてください。

送料無料 、初月無料キャンペーン中!!

商品購入前にまずはレンタルでお試し

グリルパンなしでもアラジントースターで焼き芋は焼ける?

グリルパンに並べたサツマイモ
グリルパンに並べたサツマイモ

グリルパンなしでもアラジントースターで焼き芋を焼くことはできます。

しかし、グリルパンがあった方が、適度な時間で美味しい焼き芋を食べられます。

グリルパンの中に入れて加熱と余熱を繰り返して焼くのが、アラジンならではの簡単で美味しい焼き方。

4枚焼きとフラッグシップに付属のグリルパンを使えば、誰でも美味しい焼き芋を焼けます。

2枚焼きの購入を考えていたり、すでに2枚焼きをもっている方には、こちらのグリルパンがおすすめ。

2枚焼きの庫内にピッタリのサイズで値段もお手頃。

このグリルパンがあれば、2枚焼きでも4枚焼きやフラッグシップと同じ料理を作れます。

アラジントースターで焼き芋を甘くネットリ蜜いっぱいに作るポイント

蜜いっぱいの焼き芋を作るポイント

蜜いっぱいの焼き芋を作るコツは、水分量が多くて糖度が高い状態にすることです。

サツマイモに含まれるデンプンがベータアミラーゼという酵素によって、水あめと同じような麦芽糖になることで蜜ができます。

サツマイモのデンプンが糊状になる糊化が始まるのは、65~75℃くらい。

アミラーゼは80℃を超えると壊れてしまうため、65~80℃の温度を長く保つのが、蜜芋を作るコツです。

高温すぎてもダメだし、温度が低すぎてもダメ。

適度な温度で長い時間かけて焼く必要があります。

蜜芋を作るには、サツマイモ内部の温度を65~80℃くらいに保ち、長時間焼きましょう。

アラジントースターで焼き芋を焼くときはアルミホイルを巻くべき?

アルミホイルを巻いたサツマイモ
アルミホイルを巻いたサツマイモ

結論から言うと、アルミホイルを巻かずに焼いた方が美味しく焼けました。

アルミホイルを巻くと、熱が遮断されてしまい、中まで火が通らないことがあります。

アラジントースターの場合、グリルパンを使うことで、アルミホイルを巻いたような蒸し焼きに近い状態を再現できます。

そのため、アルミホイルを巻く必要はありません。

必要以上に長く焼かなくても、グリルパンを使うことで1時間で美味しい焼き芋が焼けます。

当サイトでは、アルミホイルを巻かない焼き方を推奨しています。

あくまでも好みの問題もありますので、アルミホイルを巻く焼き方を好む方もいらっしゃいます。

当サイトで推奨するグリルパンを使った、240℃、15分加熱を2回繰り返す焼き方なら、アルミホイルを巻く必要はありません。

アラジントースターで焼き芋の温めなおしをすると美味しい?

アラジンで焼き芋を温め直すと美味しい?

アラジントースターなら、焼き芋を美味しく温め直せます。

水分を保ったまま、中までじっくり熱を通せるため、甘味を逃しません。

電子レンジで温め直した焼き芋より、香りと味、両方で甘味が強い結果になりました。

温め直した焼き芋
左がアラジン、右が電子レンジ

アラジンの方が、甘い香りが漂ってきて、実際の味も甘味が強かったです。

電子レンジは、甘味が弱く感じました。

  • アラジンは、240℃で15分、グリルパンに入れてフタをし、下にアルミホイルを敷いて加熱です。
  • 電子レンジは、700Wで2分ほど加熱。

急いでいる時は電子レンジでもいいですが、時間があるなら、アラジンで美味しく温め直す方がオススメですね。

アラジントースターで焼き芋にしたいおすすめのサツマイモ

おすすめのさつまいも

焼き芋にすると美味しい、おすすめのサツマイモを紹介します。

一番のオススメは、紅はるかです。

紅はるかの特徴は、しっとりとした食感と糖度約30度の甘さ。

クリーミーな味わいが特徴でねっとり蜜芋好きにオススメ。甘い香りが香ばしく、食欲をそそります。

その他おすすめのサツマイモは以下のとおり。

その他おすすめのサツマイモ
  1. 安納芋:糖度約20度、しっとりしながらも凝縮された甘さ、値段もお手頃でねっとり派におすすめ
  2. 紅あずま:糖度約14度、ホクホク感が人気で、黄色い果肉と上品な甘さが特徴
  3. シルクスイート:糖度約8.8度、シルクのような滑らかな食感が、糖度以上の甘みを感じさせます
  4. 鳴門金時:糖度約13度、昔ながらの品種で、ホクホクとして甘味が強いのが特徴

紅はるかを焼いてみた

紅はるか
紅はるかを焼いてみた

240℃で15分加熱、15分放置を2回の焼き方で、紅はるかを焼いてみました。

ねっとりと粘度が高く、濃厚な甘さがあります。

それなのに、しつこくない。

紅はるかは、おやつの焼き芋に最適です。

安納芋を焼いてみた

安納芋を焼いてみた
安納芋を焼いてみた

安納芋を焼いてみた感想は、濃厚な甘さで、ネットリ蜜がたっぷり。

食感がなめらかです。

しつこくなく、意外とさっぱりしています。

少し太目の物もありましたが、アラジントースターなら、しっかり焼けて、ネットリした蜜芋ができました。

シルクスイートを焼いてみた

シルクスイート
シルクスイートを焼いてみた

シルクスイートを焼いてみた感想は、なめらかで甘さが濃いですね。

絹のような、なめらかな口どけ。

濃厚な甘さでありながら、しつこくない、まさにスイーツ。

個人的には、シルクスイートで作る焼き芋は、一番好みかもしれません。

大きさも、太すぎない物が多く、比較的そろっているので、焼きムラも少ないのが嬉しいポイント。

私が住んでいる地域では、なかなかスーパーでも売っていなかったので、見つけたらぜひ買ってみてください。

モリモリ

シルクスイートで作る焼き芋は絶品で、オヤツにあるとほっこりします。

鳴門金時を焼いてみた

鳴門金時
鳴門金時

鳴門金時も焼いてみました。

昔ながらの焼き芋という感じで、甘味が濃い。

甘味が濃厚な蜜度で詰まっている感じです。

アラジンなら、鳴門金時もネットリ系に仕上がりました。

アラジントースターを使えば、今回紹介したサツマイモを使って、どれも美味しい焼き芋に出来ます。

一般的に太すぎるのは、中心まで火が通りにくいし、細いサツマイモの方が甘味が強い傾向と言われています。

その理由は、細いサツマイモは地表に近いものが多く、太陽の光の影響で乾燥しやすいため、その厳しい環境から身を守るために糖を蓄えているから。

私の感想では、一般的に太いサツマイモはNGでも、アラジントースターを使えば十分美味しく焼けますよ。

アラジントースターで焼き芋にするサツマイモを手軽に買う方法

食べチョクコンシェルジュ

引用元:食べチョクコンシェルジュ公式HP

焼き芋用の美味しいさつまいもを手軽に買うなら、ネット通販がおすすめ。

さきほど紹介したサツマイモも、おうちに居ながら簡単に買えます。

自宅にいながら、全国各地で採れた美味しいサツマイモが届くのは嬉しいですよね。

当サイトでオススメの野菜のネット通販を表にしました。

スクロールできます
食べチョクコンシェルジュ
食べチョク
コンシェルジュ
食べチョク

食べチョク
JAタウン
JAタウン
運営会社株式会社
ビビットガーデン
株式会社
ビビットガーデン
全農
販売形態新鮮野菜の宅配日本最大の
オンライン直売所
産地直送の
ショッピングモール
特徴こだわり野菜セットの
定期便
自分で選ぶ
産地直送お取り寄せ
全国約100のJA等から
旬の野菜やお肉等をお届け
キャン
ペーン
初回送料無料
1,000円OFF
1,980円~
いまだけ
送料無料商品あり
期間限定
お買い得商品あり
公式HP公式HPはこちら公式HPはこちら公式HPはこちら
各サービスの比較

当サイトのイチオシは、食べチョクコンシェルジュです。

産直通販サイト№1の食べチョクがプロディースする「おまかせ野菜の定期便」。

季節の旬の野菜が届きます。

食べチョクに登録中の全国約7,000軒の生産者から、食べチョクが厳選した生産者がこだわりの野菜セットをお届けします。

気になった方は、この機会にぜひ詳しくみてみてください。

\ いまなら初回お試し1,000円OFF/

新鮮な旬野菜で食卓がワンランクアップ

アラジントースターで焼き芋を焼いた口コミ

アラジンで焼き芋を焼いた口コミ

アラジントースターで焼き芋を焼いた口コミをtwitterで集めてみました。

みなさん、それぞれの焼き方を試しているようです。

共通しているのは、アラジントースターで焼き芋を焼くと甘くて美味しいという意見。

200℃で45分焼いた方の感想です。

アラジンなら、ねっちりホクホクの焼き芋ができます。

https://twitter.com/leaf40/status/1597424062942568451?s=20

ねっとりとした食感と甘みが特徴の紅はるか。

アラジンで焼くと、めちゃくちゃ美味しい焼き芋ができます。

シルクスイートは、なめらかな食感と上品な甘みが特徴。

アラジンで焼いてみたいサツマイモの一つです。

320℃で60~70分という設定は、アラジントースターのフラッグシップの取扱い説明書に記載された焼き方です。

甘味を引き出すなら、もう少し温度を下げてじっくり焼くのがおすすめ。

アラジンなら、ねっとり甘い焼き芋が簡単に作れちゃうので、おやつにも最適。

220℃、1時間なら美味しい焼き芋が作れますね。

甘さとホクホクのバランスが絶妙そう。

アラジントースターは、本当に買ってよかったと思えます。

焼き芋以外にも幅広く使えて、どれもレベルが高い。

アラジントースターは、生活に欠かせない宝物になります。

まとめ:アラジントースターで簡単に美味しい焼き芋を食べよう

アラジンで焼いた焼き芋
アラジンで焼いた焼き芋

アラジントースターなら、簡単に誰でも蜜いっぱいの焼き芋を作れます。

時間だって1時間もあればOKだし、その間もほったらかしでいいんです。

後片付けもラクチン。

アラジントースターで一度焼き芋を作れば、ハマること間違いなし。

ぜひ、アラジントースターで美味しい焼き芋を焼いて、幸せな時間を味わってみてください。

イチオシ!!

kikito(キキト)は、日本最大手の電気通信事業者のNTT・ドコモが運営する家電のレンタル・サブスクサービス。

ドコモだからこその、安心のサポート体制が整っているので安心してレンタルできます。

全国往復送料無料、あなたの過失による破損は原則修理費用負担なし。

新型フラグシップモデルAET-GP14Bの新品が月額1,900円で使えます。

気に入ったら、そのままもらうことも可能。

kikito(キキト)が気になった方は、いますぐ詳細を確認してみてください。

送料無料 、初月無料キャンペーン中!!

商品購入前にまずはレンタルでお試し

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次