【アラジントースターは日本製?どこの国の会社?】怪しい家電メーカーか徹底調査!!

当ページのリンクには広告が含まれています。
アラジントースターはどこの国で作られている?
  • アラジンのトースターは日本製なのか知りたい。
  • アラジンは家電を扱っているけど、どこの国のメーカー?
  • 何だか怪しい感じがして買うのを迷ってしまう…。

あなたのこんな悩みにこたえます。

本記事の内容
  • アラジンはどこの国のメーカー?
  • アラジントースターは日本製?
  • アラジントースターの品質は?
モリモリ

私は、2023年3月からアラジントースターのフラッグシップを愛用しています。
妻からアラジンのトースターが欲しいと言われたときは、どこの国のメーカーなのか怪しく感じました。

この記事では、アラジントースターの生産国や生産している会社について解説しています。

実際、アラジンは流行っているってよく聞きます。

悩む人

アラジンと魔法のランプの国?
怪しい感じがする…。

アラジンって聞くと、中東の会社なのか何なのかよくわからなくて、買うのをためらってしまいますよね。

今回はアラジンについて徹底的に調べたので、アラジンがどこの国の会社で、トースターをどこで作っているのかわかってスッキリしました。

本記事の結論
  • アラジントースターは、日本の株式会社千石が製造し、アラジンブランドの権利を持っている日本エー・アイシー株式会社が販売している。
  • アラジントースターは、株式会社千石の中国工場で生産されているので、中国製である。
  • 中国製ではあるが、日本の品質で製造されていて、実質的には日本製と言えるので品質は全く問題なし。

それでは、ぜひ最後まで読んでいってください。

イチオシ!!

kikito(キキト)は、日本最大手の電気通信事業者のNTT・ドコモが運営する家電のレンタル・サブスクサービス。

ドコモだからこその、安心のサポート体制が整っているので安心してレンタルできます。

全国往復送料無料、あなたの過失による破損は原則修理費用負担なし。

新型フラグシップモデルAET-GP14Bの新品が月額1,900円で使えます。

気に入ったら、そのままもらうことも可能。

kikito(キキト)が気になった方は、いますぐ詳細を確認してみてください。

送料無料 、初月無料キャンペーン中!!

商品購入前にまずはレンタルでお試し

 

目次

アラジントースターはどこの国の家電メーカーなのか:日本のメーカー

世界地図

アラジントースターは日本のメーカーである株式会社千石が製造しています。

販売は、アラジンブランドの権利を保有している日本エー・アイ・シーが行っています。

アラジントースターの製造・販売の経緯を簡単に説明するとこのようになります。

アラジントースター製造・販売の経緯
  • 1919年に英国でアラジン社が設立され、その後アラジンブルーフレームヒーターを開発
  • 1975年日本アラジン社が設立
  • 1985年日本エー・アイ・シー株式会社が設立され、アラジンブランドの権利を譲り受ける
  • 2005年に株式会社千石が日本エー・アイ・シーを買収
  • 2015年日本エー・アイ・シー株式会社が、グラファイト グリル&トースターCAT-G13A/AET-G13A(4枚焼き)を発売

株式会社千石と日本エー・アイ・シー株式会社の所在地は、どちらも兵庫県加西市別所町395です。

日本のメーカーが製造と販売を行っているので、怪しい国で作られているわけではありません。

モノづくりに高い技術力を持った株式会社千石がアラジントースターを作り、アラジンブランドの権利を持つ日本エー・アイ・シー株式会社が販売しています。

アラジントースターは日本製なのか:生産国は中国

機械を操作する女性

アラジントースターは中国で生産されています。

アラジンのトースターは、株式会社千石が中国の自社工場で製造しています。

1993年から中国に工場を設立して、東莞市と恵州市の2カ所の工場で生産しているようです。

中国の工場の場所

引用元:株式会社千石公式HP

東莞市の工場概要

引用元:株式会社千石公式HP

東莞市は中国広東省中部にある人口約820万人の都市。

広州、深圳、香港の中間に位置することから、工場建設にとって立地がよく、中国最大の工場群もあります。

恵州市の工場概要

引用元:株式会社千石公式HP

恵州市は広東省中南部に位置する人口約375万人の都市。

スクロールできます
型番生産国
 2枚焼き
2枚焼き
AET-GS13C中国
新型4枚焼き
4枚焼き
AGT-G13B中国
新型フラッグシップ
フラッグシップ
AET-GP14B中国
ポップアップ
ポップアップ
AEP-G12A中国
生産国一覧

生産国とは、原料や製品といった製造物を生産した国のこと。

今回で言えば、中国の工場でアラジンのトースターを作っているので、生産国は中国になります。

Made in Japanとは言えない商品

日本の企業が海外に工場を設立し、日本人が作った物であったとしてもそれは海外製品になります。

引用元:bragoku.jp
アラジントースターフラッグシップの箱
アラジントースターフラッグシップの箱
MADE IN CHINAの表示
MADE IN CHINAの表示

フラッグシップモデルの箱にも、MADE IN CHINAと記載されています。

アラジントースターは日本製と同等の品質が保証されている

品質管理

アラジントースターは、日本の製品と同等の品質が保証されています。

アラジントースターフラッグシップモデルの箱にも、はっきり書かれています。

品質保証の記載
品質保証の記載

日本国内で企画・設計し、日本管理の品質で製造していることが書かれています。

現在では、中国や東南アジアで製造されている商品はめずらしくありません。

モリモリ

中国製でも、日本管理の品質で製造されているので心配ありません。

実際、私のフラッグシップモデルも、買ってから、この記事を執筆時で4カ月間毎日使っていますが、絶好調で美味しい料理を作ってくれています。

アラジントースターを最安値で買う方法は、こちらの記事で解説していますので、気になった方は見てみてください

まとめ:アラジントースターは日本製ではないが日本のメーカーが作っているので高品質で安心

ガッツポーズする女性

アラジントースターは中国で作っていても、日本のメーカーが品質を管理しているので全く心配いりません。

その証拠に、アラジントースターは人気が爆発して累計200万台以上売れています。

アラジントースターは、レトロな石窯風のスタイルでキッチンをオシャレにしてくれます。

そして、時短効果と美味しい料理をもたらしてくれる最高のトースターです。

ぜひ、この機会にアラジントースターを使ってみてください。

イチオシ!!

kikito(キキト)は、日本最大手の電気通信事業者のNTT・ドコモが運営する家電のレンタル・サブスクサービス。

ドコモだからこその、安心のサポート体制が整っているので安心してレンタルできます。

全国往復送料無料、あなたの過失による破損は原則修理費用負担なし。

新型フラグシップモデルAET-GP14Bの新品が月額1,900円で使えます。

気に入ったら、そのままもらうことも可能。

kikito(キキト)が気になった方は、いますぐ詳細を確認してみてください。

送料無料 、初月無料キャンペーン中!!

商品購入前にまずはレンタルでお試し

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次